薄毛治療と食事の関係

AGAの原因は男性ホルモンにある事が分かっていますが、これだけが原因とは限りません。

生活習慣や食事もAGAを悪化させる要因になると言われていますので、マイナス要素はできるだけ取り除いておきたいと考えます。

食事が直接的な原因になるとは言い切れませんが、食事から摂る栄養は頭皮環境にも関係してくるので、まったく無関係でもありません。

AGA治療をしながら、どのように食事を改善したらいいかを見ていきましょう。

髪を作るのに必要な栄養素というのもあります。

タンパク質、ミネラル&ビタミンは髪を作る成分の生成にも役立ちますし、頭皮環境の改善と維持にも必要です。

食事だけで完璧に補うのは難しくなりますが、毎日の食事を見直すことで頭皮環境の改善や髪の成長にも関わるならぜひ改善していきましょう。

まずタンパク質は肉や魚にも含まれていますが、動物性に偏るよりも植物性のタンパク質を積極的に補いたいところです。

肉や魚も必要ですが、大豆など植物性のタンパク質も取り入れましょう。

ミネラルの中でも亜鉛は髪の成長に欠かせない成分です。

牡蠣には亜鉛が豊富に含まれていますが、食べ過ぎにも注意しましょう。

関連記事:牡蠣の季節到来!冬の味覚を味わいながら薄毛が改善できる

昆布やひじき、わかめなどミネラルたっぷりの海藻も取り入れます。

ビタミンは野菜や果物から摂ったほうが栄養バランスも整いますし、代謝アップにも役立つのでバランスよく取り入れたいですね。

また食事の時間も重要です。

毎日3食をできるだけ決まった時間を決めて食事をしましょう。