生活習慣は要因になりますか?

Androgenetic Alopeciaの事をAGAとしていますが、これは男性型脱毛症の事です。

原因は男性ホルモンが関係していると明らかになっていますが、男性ホルモン以外にもAGAを悪化させる要因はいくつかあります。

AGAは治療が可能ですが、治療をしなければ進行していくのでやがて髪が抜け落ち頭皮が露出してしまいます。

治療を開始しても、要因を可能な限り排除しないと、思うように治療効果が出ない事もあるので注意しましょう。

男性ホルモン以外の要因としては、生活習慣も大きく関わってきます。

これにはタバコ、お酒、食事の栄養バランスなども含まれています。

ここにストレスや睡眠不足なども加わってくるので、AGA治療をしていても頭皮環境が悪化したままでは治療の効果を邪魔してしまいます。

AGA治療をする以上は、要因もきちんと取り除いていくべきです。

まずは生活習慣を見直しましょう。

タバコやお酒は長い時間かかって習慣になっているので、なかなか改善しにくい部分もありますが、AGAの要因となる以上は可能な限り改善しましょう。

同時に食事の栄養バランス、不規則な生活サイクルも見直し、規則正しい生活も意識して行きます。

育毛シャンプーを取り入れたり、育毛サロンで頭皮環境の改善を試すのもおすすめです。

頭皮環境が改善されるだけでも、AGA治療効果のサポートになります。

今はAGA専門病院も増えていますが、治療をする場合は生活習慣の改善もアドバイスしてもらえます。

病院による違いもありますが、生活習慣の見直しは大切です。

[おすすめリンク]http://allabout.co.jp/gm/gc/195626/