AGA治療費を安く抑える方法

プロペシアはAGA治療に高い効果が期待できる事もあって、今では有名になっています。

実はプロペシアは元々、前立腺肥大の治療薬として使われていました。

治療のためにプロペシアを服用していた人の多くに、毛が増えるという副作用が見られた事に注目し、現在は飲む育毛剤としてAGA治療に使われています。

AGAは治療が可能ですが、病気とは少し違うため自由診療になります。

治療には健康保険が適用されません。

このため治療費は全て自己負担となります。

AGA治療には長い時間もかかるので、治療費はそれなりにかかってしまいます。

主に薬代が高くなってしまうのですが、これを安く済ませるという方法もあります。

本来は医薬品なので医師の処方箋がないと購入できませんが、自己責任でなら個人輸入が出来ます。

海外から薬を取り寄せるのですが、日本で処方してもらうよりも安価です。

生産国が違うので説明書きなどは日本語ではなく、生産された国の言葉となっています。

またプロペシアにも多少の副作用がありますし、薬が自分に合うかどうかも飲んでみないとわかりません。

とりあえず1回~2回は、病院で見てもらい医師の処方箋で薬をもらい、自分に合った物かどうかを試してみましょう。

問題ないようだったら自己責任となりますが、個人輸入をすれば薬代を安く済ませる事が出来ます。

個人輸入代行業者のサイトから注文できますので、個人輸入といっても面倒な手続きなどはありません。

あくまでも自己責任になるので、そういったリスクも理解しておく必要はあります。

※AGA治療情報は、こちらのサイト(AGAの問題解明しましたin福岡)もどうぞ。